御堂筋ネット home リンク集 大阪を散策 お店の紹介 お問い合わせ information

ぼちぼち行こか

大阪・門真を散策。


願得寺
「門真」
遺跡も多く古代から開けていた。
京阪・門真市駅〜歴史資料館〜幣原兄弟顕彰牌〜
堤根神社〜伝茨田堤〜京阪・大和田駅


歴史資料館
 歴史資料館を訪ねてみると、門真の地が古くから開けていた土地であったことがわかります。縄文・弥生時代の遺跡もあり、農耕文化が発展していたようです。また、京阪・大和田駅のあたりからは銅鐸(どうたく)が出土。伝茨田堤は仁徳天皇の時代に造られた堤防と古事記に記されています。歴史資料館の建物として再現されている段蔵は、水害から家財を守るための低湿地帯特有のもので、レンコン栽培が盛んな地域の象徴とも言えます。現存する段蔵の近くにあるのが幣原兄弟顕彰牌。第44代総理大臣の幣原喜重朗と兄の坦(たいら)博士をたたえたものです。牌の文字は第45代総理の吉田茂の直筆。門真にも蓮如上人ゆかりのお寺があります。願得寺がそうで、もともと念仏を広めるための道場であり、古橋御坊と呼ばれ、後に上人の10男、実悟に譲られたときに願得寺と号しました。

infomationstorebochibochcontactlinkshome
 
copyright(c)2000 zephyr creation.All rights reserved.
http://www.midosuji.net/